HOME → コンプライアンス等/利益相反管理方針
利益相反管理方針

利益相反管理方針

上田八木短資株式会社

当社は、以下の内容に基づき、業務に係るお客様の利益が利益相反行為によって不当に害されることのないよう、適正に業務を行うものとします。
    (1)利益相反のおそれのある主な取引
  1. 有価証券に係る顧客の潜在的な取引情報を知りながら、当該有価証券について自己勘定取引を行う場合。
  2. 不良債権に係る情報を有しながら、当該資産について自己勘定取引を行う場合。
  3. 顧客から売買注文を受けた有価証券等について、自己勘定取引または引受への参加等を通じ、何らかの関与をしている場合。
  4. 顧客に対し資金調達等に係る助言等を提供する一方で、当該顧客に対するプリンシパル投資・当該顧客から資産の購入その他の取引を行う場合。
  5. 自己勘定において保有する有価証券を、顧客に推奨・販売する場合。
  6. 顧客に引受けまたは有価証券発行に関する助言等を行いながら、他の顧客に当該有価証券の取引の推奨を行う場合。
    (2)利益相反のおそれのある取引の管理の方法
  1. 対象取引を行う部門と当該顧客との取引を行う部門を分離する方法
  2. 対象取引または当該顧客との取引の条件または方法を変更する方法
  3. 対象取引または当該顧客との取引を中止する方法
  4. 対象取引に伴い、当該顧客の利益が不当に害されるおそれがあることについて、当該顧客に 適切に開示する方法(ただし、当社または当社関係者が負う守秘義務に違反しない場合に限ります。)
(3)利益相反管理体制
当社のリスク管理室を利益相反管理統括部署とし、リスク管理室は利益相反のおそれのある取引の特定および利益相反管理に関する全社的な管理体制を統括します。
(4)利益相反管理の対象となる会社の範囲
当社の子法人等のうち、「上田八木証券株式会社」および「上田ハーロー株式会社」が該当します。

以上
(平成21年5月26日 制定)